2009年07月20日

作品を織り上げて

7・7 アトリエ.jpg                 *     *     *     *    *
ストールを織り上げた。日曜の午後。ほっとする。織り上げたばかりのストールを、大機に掛け眺めている。誰もいない、一人の時間。
思えば、こんな一人の時間を、私はどれほど過ごしてきたのだろう。一言も発することなく、朝から夕方まで。(若いころは、夜まで。)私の頭の中、心の中は、人間の言葉がどこか隅に追いやられ、それに代わって異次元の言葉で満たされていく。人とのつながりがプツンと切れて、アトリエ自体が宙に漂っているかのようだ。
こんな時に電話がかかってくると、困るんですよ。人間の言葉が出てこなくて。「それじゃ、また・・・」と切った後で、何というぶっきらぼうな話し方なんだ!と、しばしの自己嫌悪。
そんなことがずっと続いていたのだけど、それはそれとして、最近は言葉を使った人との関わりも大切にしたいと思っている。ブログを再開するのも、その一つ。ウチに友人を招くのも大好き。体力が許せば、夜の街にも出て行く。年長の方との交流は以前から多かったが、ここのところ小学生以下の「若い」友人も持つようになった。還暦も過ぎ、先が見えてきて、どうしても遣り残したくないことを、一つずつ拾い上げているような気もする。 

「ブログ再開!」と言ったとたんに、実はパソコンが壊れました。パソコンは直りましたが、記録が失われましたので、7月5日以降にメールのやり取りをしていない方、空メールで結構です。送ってください。


posted by 吉家京子 at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さくらというのは、HNで、現世の名前は、多田万紀です。
今、ここの存在を教えていただき、なんとしてでもすぐに足跡残そうとやってまいりました。
しょーもない画家の連中につきあって、へべれけです。
なんだか、とても素敵な空気を感じて、おじゃましてしまいました。
美しいものに出会うためだけに生きている息吹を感じまして。。。
すみません。今度は、しらふで来ます。
Posted by さくら at 2009年07月21日 00:53
おはようございます!

偶然メールを差し上げてよかったです!・・・・そういう状況だったのですね。

羊飼いさんの牧場のお写真
いいですね〜 だんだん 「素」の京子先生に戻っていかれるようで・・・
還暦は生まれ変わる時でもあるのでしょうか。

Posted by nona at 2009年07月31日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。