2009年09月13日

ドアのペンキ塗り

ドアのペンキ塗り.jpg
     *   *   *   *   *
玄関のドアにペンキを塗った。桟があるので、多少めんどうだったけれど、イメージ通りに仕上がったと満足している。

玄関はその家の顔だからと、立派に、重々しく、格調高く、と考える人もいるだろうが、そんな玄関は、私には似合わない。楽しく、明るく、ある落ち着きはあって、何よりも人が入りたくなるような、玄関というより、そんなドアがいい。

一昨年、アイルランドに行った時、ジョージアン様式の入口を沢山見た。まるで幼稚園で使うクレヨンのような、単純な赤とか青、緑などにべったり塗られているが、ドア上部は優雅な半円形のファンウィンドウに飾られ、両脇には細い柱。建物自体が落ち着いた色なので、とてもきれいだった。個人の家の入口も、質素であっても、どこか楽しげ。ペンキの色選びに、生活を大切にしている様子が伝わってきて楽しかった。

私は、すっかりアイルランドが好きになった。一番感動したのは、人々の目線が私と同じ高さにあると感じたこと。上から見下さない。下から見る卑屈さもない。あなたと私は同じ人間、という目線だ。

短い旅行で、どれほどのことが分かったのか疑問だが、帰国してから、日本人の中にアイルランド大好き人間が、驚くほど沢山いることを知った。そして、私の感じ方がそれほど的外れではなかったような感触を得ている。

私は、塗りあがったドアを見ながら、このドアから家の中に入ってくる友人のことを考えている。最後まで塗れたのは、その楽しみがあるからだ。


posted by 吉家京子 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。